石川県は5月2日、新型コロナウイルスに感染した80~90代の男性2人が死亡したと発表した。2人はクラスター(感染者集団)が発生した、かほく市の二ツ屋病院の入院患者。ほかに県内に住む30~80代の男女6人の感染も分かった。県内の死者は計13人、感染者は計260人となった。

 県によると、新たな感染者のうち二ツ屋病院関係では、入院患者の80代女性2人と介護士の30代男性の計3人が含まれる。同病院関係の累計の感染者は52人、死者は8人となった。

 ほかの3人は、既に感染が確認されている白山市の80代男性の同居者や親族と、男性の濃厚接触者とされた能美市立病院の40代女性看護師。

関連記事