福井県が県内全世帯に配布しているマスク購入券を自宅近くのアパートから盗もうとしたとして県警坂井署は5月1日、住居侵入と窃盗未遂の疑いで同県坂井市、会社員の男(48)を逮捕した。同署によると「自宅に購入券が届いたので、一帯にも配られていると思った。マスクが欲しかった」などと供述しているという。

 逮捕容疑は4月25日午後8時ごろ、坂井市内のアパート敷地に侵入、2階の部屋の郵便受けを物色してマスク購入券を盗もうとした疑い。

 同署によると、このアパートの郵便受けは各部屋のドアの横の壁に設置されている。被害に遭った部屋の住人は1人暮らし。事件当時、住人は外出しており、マスク購入券が郵便受けに入っていたという。

 住人は防犯カメラを設置しており、男が郵便受けを物色している映像が残されていたことから、坂井署に届け出た。

関連記事