天日干しされ海風に揺れる天然ワカメ=福井県高浜町音海

 福井県高浜町音海で天然ワカメが天日干しされている。潮の香りを漂わせ、日差しをたっぷりと浴びながら海風に揺れている。

 近くの80代男性が、県の名勝で同区にある絶壁「音海大断崖」の磯で朝に刈り取ったものを海辺に干している。

 深い緑色と茶色で、長さは50~60センチ。収穫期は2月中旬から5月上旬までで、今は最終盤。天気のいい日に2日間ほど干すと、ぱりぱりに仕上がる。真水でしっかり手洗いして干すのがこつだという。

⇒【D刊】ワカメの天日干し、写真もっと

 大断崖に寄せる波にもまれたワカメの味は評判がよく、毎年固定ファンから注文が入る。「今年はしけが多かったからか不作で、なかなか注文に追い付かない」と苦笑しながら作業していた。

関連記事