記者会見する福井県の杉本達治知事=4月28日、福井県庁

 福井県の杉本達治知事は4月28日の記者会見で、大型連休中の人の往来によって県内で再び新型コロナウイルスの感染が広がる懸念があるとして、県外在住者に「観光は控えるようお願いしたい」と呼び掛けた。

 県内の新たな感染発表は22日以降は0~1人と、減少傾向にあるが、杉本知事は「連休中に往来が増えれば1、2週間後に結果が出る」と懸念を示した。

 県外の観光客に対して、行楽目的のホテルや旅館に29日から休業を求めていることも踏まえ「宿も取れない状況。感染拡大が止まったとき手厚くおもてなしするので、お待ちいただきたい」と求めた。

 県民に対しても、連休を前に「医療やさまざまな職場でウイルスと闘っている人は多い。これ以上感染を広げないためにも行動自粛を」と改めて述べた。

関連記事