福井県済生会病院は4月28日、同病院の30代女性看護師(福井市)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。看護師は新型コロナの感染症専用病棟に13日に配置され、勤務していた。24日に咽頭痛などの症状があり、27日にPCR検査を受けて陽性と判明した。発症後は自宅療養しており、外部との接触はないとしている。県庁で記者会見した。

 看護師が接触した患者は感染者のみ。現時点で把握している接触した職員は医師1人、看護師15人、事務員1人の計17人で、うち濃厚接触者の看護師1人を自宅待機とした。27日に職員17人にPCR検査を行い、全員が陰性だった。

⇒【映像】14時からの会見をライブ配信

⇒県済生会病院、本館の診療は継続

⇒心身ともぎりぎり、コロナ担当看護師の告白

⇒【速報】福井県が県立学校の休校延長

⇒ふくいの新型コロナ特集

 ■福井県内の感染情報、メールで速報

 福井新聞D刊では、福井県内の新型コロナウイルスの感染情報をメール速報しています

⇒申し込みはこちら

⇒【D刊】福井県の新型コロナ感染状況

関連記事