石川県は新型コロナウイルス感染が確認されていた金沢市の60代女性が死亡したと4月27日発表した。新たに6人の感染も判明。県内の死者は計6人、感染者は計241人となった。

 県によると、60代女性は26日に亡くなった。関係者によると、クラスター(感染者集団)が発生した金沢市の岡部病院に入院していた患者で、7日に感染が確認されていた。

 新たに感染が分かった6人のうち4人は、クラスターが形成された、かほく市の二ツ屋病院の医療従事者2人と入院患者2人。七尾市の公立能登総合病院でも医療従事者1人の陽性が判明した。
 

関連記事