新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 富山県は4月23日までに、新型コロナウイルス感染拡大を受け、県内の全世帯にマスクを最大100枚まで購入できる券を配布すると発表した。マスクの販売は5月中旬以降となり、それまでに購入券を郵送する。

⇒シルクのマスク開発した浴衣帯会社の底力

 県によると、5月中旬以降にマスク約4千万枚を確保できる見通しが立ったため、県民向けに購入をあっせんすることにした。福井県も同様の取り組みを発表しており、23日から購入券の郵送を始めた。

関連記事