福井県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、福井県と福井市が、首都圏で生活する県出身学生のサポートに乗り出した。県出身の大学生グループ、東京都内の学生寮などと連携して窓口を開設、新生活を始めたり就職活動を迎えたりしている学生たちの「困りごと」の相談に電話やメールで応じる。

 県出身で首都圏に進学した大学生でつくる「ほやって福井」や県によると、大学の履修登録で情報収集できずに悩んでいる新入生や、企業の会社説明会が中止になり不安を感じている就職活動中の学生がいるという。同郷の先輩らに相談することで、学生や保護者の不安を和らげようと開設した。

 県は東京事務所、大阪事務所、県庁に窓口を設けた。東京事務所では学生の悩みに応じて、県出身者向けの学生寮「明倫学舎」「武生郷友会」の学生、県のUターンアドバイザーと協力しながら解決に努める。

 福井市は東京事務所に窓口を置いた。ほやって福井、福井市応援隊、市のUIターンアドバイザーと連携して相談に対応する。

 ほやって福井代表の大学生は「履修登録が難しいとか、バイトがなくなり金銭的に厳しいといった話を聞いている。不安に思うことは何でも相談してほしい。多くの学生の声を聞いて、必要があれば行政にも提案していきたい」と利用を呼び掛けている。

 県、福井市ともに、政府の緊急事態宣言期間の5月6日までの開設を予定している。杉本達治知事は「外出や帰省もままならない皆さんを全力でサポートしたい」としている。

 相談窓口は次の通り(電話の受付時間は平日の午前9時~午後5時、県庁は平日の午前8時半~午後5時15分)。

 ▽福井県東京事務所電話0352129074、メールtokyo@pref.fukui.lg.jp

 ▽福井市東京事務所電話0364579181、メールfukui‐tokyo@city.fukui.lg.jp

 ▽福井県大阪事務所電話0662311023、メールosaka@pref.fukui.lg.jp

 ▽福井県庁総合相談窓口電話0776200250

関連記事