新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 福井県は4月19日、県内の新型コロナウイルス陽性判明者のうち、退院した人の平均入院日数について「15.7日間」との分析データを明らかにした。また、ほかの感染者と接触し発症するまでの潜伏期間が推定できるケースの平均値は「5.2日」とした。

 入院患者が退院するには症状がなくなってから2回、検査で陰性となる必要がある。県内ではこれまで26人が、医療機関もしくは一時生活施設から退院した。入院期間は最長で22日間、最短で7日間だった。

新型コロナ初期症状、最多は「発熱」

 県健康福祉部の宮下裕文副部長は記者会見で「陰性確認まで2週間程度、軽症の人でもなかなか陰性にならないことがデータからうかがえる」と説明。その上で「退院者の心のケアはこれからの課題。専門家の助言も受けながら、保健所などを通じてサポートしていきたい」とした。

 潜伏期間については、県内101例目までのうち、感染者との接触日が不明な人や無症状者を除いた56件から暫定値を算出した。最も長い人は14日、最短で2日という。

次亜塩素酸水、一部商品を手指消毒適用と修正

⇒新型コロナウイルス、記事一覧はこちら

関連記事