福井県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大で入手困難となっているマスクについて、福井県は4月19日、県内全世帯にマスク2箱(100枚分)の購入券を配布すると発表した。購入券が印刷されたピンク色のはがきを、23日から郵送する。福井県創業・経営課は「全世帯が安心してマスクを購入できるよう数量を確保している。慌てず冷静な行動をお願いしたい」と呼び掛けている。

⇒福井県全世帯にマスク購入券、全国初

⇒ふくいの新型コロナ特集

 マスクの販売価格は50枚入り1箱2350円(税込み)。ドラッグストア「ゲンキー」の最寄り店に行けば2箱まで買える。購入券は30日ごろには配布を完了する予定。販売期間は24日~5月10日。種類は複数あるが選択はできない。マスクの転売は禁止する。

 23日に県庁内に県マスクプロジェクトセンター(午前9時~午後5時)を開設し、問い合わせに応じる。番号は0776(20)0749。

 県によると、都道府県単位で県民にマスク購入をあっせんするのは全国初。ゲンキーの担当者は「商品は複数回に分けて納品される。3密を避けるため、初日や開店時間帯など混み合う時間帯を避けてもらいたい」と話している。

関連記事