福井県庁

 新型コロナウイルスに感染した患者の治療などに当たっている福井県内の医師や看護師ら医療従事者に対し、福井県が独自に特別手当の支給を検討していることが4月19日、分かった。関係者によると、支給の対象者や時期、金額などの詳細を早急に詰め、今週中にも補正予算を専決処分するとみられる。

⇒福井でコロナ対応医療者への偏見深刻

⇒福井県全世帯にマスク購入券、全国初

⇒ふくいの新型コロナ特集

 県内では19日現在、新型コロナの患者が112例確認されている。緊急事態宣言の中、医療現場の最前線で治療などに当たる医師や看護師らの身体的、心理的負担は大きく、特別手当の支給で応援したい考え。

 杉本達治知事は、国に対しても同様の特別手当を要望。17日に開かれた全国知事会の対策本部会合で「最前線で闘っている医療従事者への特別手当を早く決めていただきたい。メッセージを出すことで皆さんのモチベーションが上がる」と要望していた。

関連記事