障害者や子ども向けのドローン教室開催を目指す北山政道さん=福井県小浜市の福井新聞小浜支社

 福井県小浜市で障害者のためのドローン教室を開きたい―。障害者の就労継続支援事業所を運営する「縁(ゆかり)」の社長、北山政道さんによるクラウドファンディング「ミラカナ」のプロジェクトは募集期間最終日の4月24日夜、目標金額の59万円に到達。最終的に60万円を集め成立した。

⇒障がい児の「やりたい!」「できる!」をドローン教室で実現!

 ドローンは空撮や農薬散布、測量など活用範囲が広がっている。プロジェクトは障害者らにスキルを習得してもらい、活躍できる場を広げるのが目的。北山さんが3月24日に資金募集を開始し、「障害のある子どもたちがスキルを発揮する場をつくってください」などと応援が寄せられた。

 北山さんは「子どもたちが新しいことに挑戦できる場をつくるためにも、何としても達成させたい挑戦です」と訴え、支援を募っていた。

⇒「人生を賭けた夢」北山さんの思い

 プロジェクトは目標額が集まった場合にのみ実行者に資金を提供する「オールオアナッシング方式」。目標の59万円に満たなかった場合は、支援者に全額返金されていた。

関連記事