福井県庁

 福井県は4月14日、新型コロナウイルスのPCR検査のための検体採取を効率的に行うため「帰国者・接触者外来」を増設したと発表した。1カ所増え計10カ所となった。PCR検査の体制を強化し、1日132検体から198検体の検査が可能になった。

関連記事