架空の開幕戦でトレーニングの動画を紹介するラプターズ選手(ツイッターより)

 ルートインBCリーグの福井ワイルドラプターズは当初の開幕予定日だった4月11日、「エア開幕」と題して滋賀の球団と架空の対戦をツイッターで展開した。テーマに沿った動画を、試合のイニングに見立て交互に9回ずつ投稿。視聴者からの得票に応じて加点するルールで、白熱した“攻防”を繰り広げた。

 新型コロナウイルスの感染拡大で開幕は5月中旬以降に延期。リーグに注目してもらいたいと、開幕戦で対戦予定だった滋賀と企画した。

 各回ごとに「チームの魅力」や「トレーニング方法」などテーマを設け、事前に撮った動画を順に配信。料理の腕前や歌を競った回もあった。

 九回は「プロの流儀」がテーマ。福井の三染真利投手(敦賀気比高校出身)は「前を向いて挑戦し続けること」と、感染拡大の困難を乗り越える決意を訴えた。

 試合は、「チームの魅力」を争った一回に福井が先制したが五回の料理対決で逆転され、結局4-9で敗れた。敗戦にもラプターズ広報は「選手の人柄や意気込みが伝わったと思う。開幕を楽しみに待っていてほしい」と話した。

 動画は球団公式ツイッターで見られる。

関連記事