関根潤三氏

 プロ野球の近鉄で投手、野手として活躍し、大洋(現DeNA)とヤクルトでは監督を務めた関根潤三(せきね・じゅんぞう)さんが9日午前9時45分、老衰のため東京都内の病院で死去した。93歳。東京都出身。葬儀・告別式は家族葬で、日程は未定。喪主は長男優一(ゆういち)さん。

 法政大の左投げのエースとして41勝をマークして1950年に近鉄入団。53年から3年連続2桁勝利を挙げ、57年に外野手へ転向した。巨人に移籍した65年に現役引退。オールスターに5度出場し、投手と野手の両部門でファン投票により選ばれたのは、2015年の日本ハム大谷翔平まで関根さんだけだった。

関連記事