新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 福岡県などは4月8日、県内で新たに25人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の感染者は計224人となり、3月30日の29人から10日で約8倍増えた。

 福岡市では、20~70代の男女17人の感染が判明。そのうち1人は、感染者が相次いでいる福岡記念病院(同市早良区)の30代男性看護師。その他、非常勤の70代男性医師は複数の医療機関で勤務しており、市が行動歴を調べている。男性医師の妻もこの日感染が判明した。

 北九州市では4人。他に、同県太宰府市、粕屋郡、八女郡の50~60代の男女4人。

関連記事