福井県庁

 福井県が4月8日発表した66~72例目の新型コロナウイルス感染者は福井、坂井、鯖江市、永平寺町の計7人で福井市で医師の感染が初確認された。永平寺町在住の感染確認も初めて。
⇒【関連記事】福井県で新たに7人感染

【66】30代会社員女性(福井市)
【67】50代会社員男性(永平寺町)
【68】50代会社員男性(坂井市)
【69】80代無職男性(鯖江市)
【70】50代会社員男性(福井市)
【71】80代医師男性(福井市)
【72】60代会社役員男性(坂井市)

 【71】は感染確認者が通院する病院の医師。いずれもこれまでに確認された感染者の濃厚接触者や接触者。【】は県内での感染確認順。

 福井県内で新型コロナウイルスに感染が確認された72人のうち、23例目の60代会社役員男性(福井市)の状態が悪化。7日に集中治療室に転床し人工呼吸器を付ける重体となった。計6人に。8日県が発表。
⇒7日までに判明している県内感染者の関係図(D刊)

 ■福井県内の感染情報、メールで速報

 福井新聞D刊では、福井県内の新型コロナウイルスの感染情報をメール速報しています。
⇒申し込みはこちら

関連記事