香川真司(ゲッティ=共同)

 サッカーのスペイン2部リーグ、サラゴサの香川真司は7日、新型コロナウイルスの感染拡大のため、7都府県に緊急事態宣言が発令されたことを受け、自身のブログで「不要不急の外出をさけることを、まずは徹底するしかない」と呼びかけた。

 スペインは3月中旬から生活必需品の買い出しなどを除いて外出が制限されているが、感染拡大を抑えきれていない。「スペインは日本の3週間先を歩んでいるという感覚。各国の感染者数の増減を見ていると、これから日本でも間違いなくその数は増えていく。みんなの意識を高めて、できるかぎりその数を低く抑えるべき」と警鐘を鳴らした。(共同)

関連記事