警察庁は7日、東京五輪・パラリンピックで警備に当たる警察官が使う東京都内4カ所の臨時宿舎を新型コロナウイルスの軽症者らの滞在施設に転用できるよう改修することを決め、関連予算77億1千万円を2020年度補正予算案に計上した。早期受け入れを目指し改修を急ぐ。

 東京都江東区、江戸川区、大田区内の臨海地区4カ所で建設中のプレハブ宿舎が対象。全国の警察から派遣される五輪警備要員向けの宿舎として6月に完成予定だったが、五輪延期で軽症者や陽性の無症状者の滞在施設に活用できると判断した。

関連記事