2日、広島県安芸太田町で取材に応じる小坂真治町長

 自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=が初当選した昨年7月の参院選を巡り、案里氏が2人目の自民党候補として公認された後、夫の克行前法相(57)=自民、衆院広島3区=から現金20万円が入った封筒を受け取った広島県安芸太田町の小坂真治町長は7日、町議会議長に辞表を提出したことを明らかにした。「道義的責任を取った」と説明している。

 広島地検の任意聴取を受けたことも明らかにし「捜査には100パーセント協力する」と語った。町民に向けては「申し訳ないとの思いしかない」と言葉少なだった。7日に開かれた町議会の全員協議会で辞表提出を説明した。

関連記事