新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 静岡県静岡市は4月6日、新たに市内に住む30代男性と宗教関係者の70代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。静岡県内での感染確認は計19人となった。

 市によると、30代男性は3日に陽性と判明した40代男性と一緒に仕事をしており、この男性と3月25、27日に仕事で車に同乗した。微熱や頭痛、倦怠(けんたい)感の症状があった。

 70代男性は3月26日に和歌山県の50代男性と京都市で行動を共にし、4、5日に静岡市内の施設で宗教行事を実施。この男性の陽性が分かったため和歌山県から濃厚接触者として4月5日に連絡があった。せきと微熱の症状があった。

 静岡市は2人と同居している家族計5人を濃厚接触者として検査、いずれも陰性だった。

関連記事