福井県庁

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、福井県の杉本達治知事が大型連休最終日まで臨時休校を継続するよう求めたことを受け、越前町を除く福井県内16市町教委が4月6日までに、小中学校の授業再開を5月7日以降に延期することを決めた。越前町教委は4月20日に再開する方針。入学式は12市町教委が5月7日以降に延期した。越前、池田、おおい、高浜の4町は6日に入学式を実施した。敦賀市は8日に行う予定。

 6日、新たに勝山、大野、南越前の3市町教委が授業再開を5月7日以降と決めた。越前町教委は「20日が近づいた時点で、同日に再開するか延期するかを判断したい」としている。

 入学式は、福井、あわら、勝山、大野、小浜、永平寺、南越前、美浜の8市町教委が6日、5月7日以降に延期することを決め、既に同日以降としていた4市町を含め12市町となった。

 今月8日に入学式を実施する敦賀市教委は「マスク着用や換気など、感染対策を徹底すれば開催に問題はないと市立敦賀病院と確認した」としている。

 福井市の入学式が延期されたことに対し、市内の新小学1年生の母親(44)は「学校再開が延期されたのだから、入学式も延期になり良かった」、別の母親(35)は「一つの区切りとして入学式だけでも開いてほしかった。卒園から入学までの期間が空けば空くほど、学校に慣れるのに時間が掛かる」と不安を吐露した。

 県大学私学課によると、私立中高9校の入学式は一部で中止となり、ほかは5月7日以降に延期された。授業は全校とも同日以降に再開する。

 公立幼稚園や保育園の入園式については、既に予定通り行った園がある一方、延期したところもあり、対応が分かれた。

関連記事