扉を開放した体育館で、マスク姿で入学式に臨む新入生ら=4月6日、福井県高浜町の高浜小学校

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で学校再開が延期される中、福井県の越前、池田、おおい、高浜町の小中学校で4月6日、規模を縮小して入学式が行われた。

 高浜町高浜小学校は出席者を限定し開催した。それでも真新しいランドセルを背負った新入生30人の表情は晴れやか。新生活に胸を膨らませながら、元気よく校門をくぐった。

 ⇒高浜小学校の入学式の様子を写真で

 感染防止対策として出席者全員がマスクを着用。席の間隔を2メートル以上空け、換気も十分行うようにした。例年約350人が集うが、今年は新入生と保護者、教職員と在校生の一部の約100人にとどめた。校歌斉唱は省略、式は15分ほどで終了した。

 新1年生の男児は「小学生になれてうれしい。算数を頑張りたいです」と目を輝かせる。保護者は「入学式だけでもやれてよかった。学校側の対策もしっかりしていた」と話していた。

 高浜町内の小中学校は7日から5月6日まで休校する。

関連記事