阪神の球団寮「虎風荘」=3日、兵庫県西宮市

 3選手が新型コロナウイルスに感染したプロ野球阪神の谷本修球団本部長は6日、兵庫県西宮市の球団寮「虎風荘」の在住者のうち、保健所から濃厚接触者に指定されていない選手に対し、県内のホテルに移ったり、帰省したりする一時退去を認めたと明らかにした。

 感染した長坂拳弥捕手(25)も暮らしていた寮では20人以上が共同で生活しており、精神面に配慮した。チーム活動を休止しており、谷本本部長は「寮での待機だけではなく、いろいろな選択肢を提示した」と話した。

関連記事