新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 福井県医師会は4月6日、新型コロナウイルスの感染拡大によって、県内で医療崩壊が迫っているとして「医療提供体制の緊急事態宣言」を発表した。池端幸彦会長らが会見を開き、感染指定医療機関の病床が不足しつつあり、一般病床にまで大きな支障をきたしかねないと訴えた。

 感染者を診察した一部の医療機関で休診や診療制限をしているケースがあることを認めた上で「十分に対策すれば診療しただけでは濃厚接触者にはならず、休診する必要はない。県民も理解してほしい。皆さんの行動一つで医療崩壊は避けられる」と強調した。

関連記事