サンドーム福井の中でキャンプを楽しむユーチューバーのカズさん=4月4日

 新型コロナウイルスの影響でさまざまなイベントが中止となる中、福井県は4月3、4日、サンドーム福井を無料で貸し出し、家庭で楽しめる動画など福井の魅力を発信してもらう試みを企画した。参加した福井市のユーチューバー・カズさんは「家で過ごすことが多くなると思うので、ユーチューブで動画を見て楽しんでいただけたら」と話した。

 2月末からサンドーム利用のキャンセルが続いていることから、一般への貸し出しを企画。3、4日の2日間を利用期間に設定し、福井県内に事業所を持つか居住している人を対象に参加者を募集した。空調、夜間照明以外の施設使用料は無料とする代わりに▽新型コロナウイルス感染予防のため最低限の人数のみ利用し、集客は行わない▽施設や福井県の魅力発信につなげる―などを条件とした。

 カズさんは3日の午後3時から4日の午前10時まで1人でサンドーム内でキャンプし、ユーチューブ配信用の動画を撮影した。普段は商品レビューやアウトドアの動画を配信することが多いカズさんは、1人用のテントを組み立て、モバイルバッテリーを使ったIH調理器で料理するなど“アウトドアライフ”を満喫。料理には、越前打刃物・佐治打刃物(越前市)の和式ナイフや越前箪笥(たんす)・小柳箪笥(同)のまな板など、福井の伝統工芸品や食材などを使い、動画内で紹介していった。

 この日は、伝統工芸応援アイドル「さくらいと」メンバー、スタッフ合わせて5人による無観客ライブのインターネット生配信もあった。

 県の担当者は「反響を見て、今後も実施するかどうか考えたい」としていた。

関連記事