家庭での子どもの事故を防ぐためのチェックポイント

 新型コロナウイルス感染症の拡大で休校の延長を決める自治体が出ており、家で子どもだけになる時間は減らない可能性がある。家庭内の子どもの事故を、どう防ぐか。日本小児科学会が公表したポイントを基に改めてチェックしておきたい。

 特に要注意なのは台所、浴室、玄関や窓。

 台所は火あり包丁ありと危険がいっぱい。普段はガスや刃物を上手に使えても、ちょっとした不注意が重いやけどやけがにつながるため、子どもだけで調理はさせない。保護者留守中の食事は弁当などを用意。電子レンジは正しい使用法を練習させ、刃物類は手の届かない場所にしまう。

 浴室では子どもの溺死事故が過去に報告されている。浴槽の水は抜き、1人での入浴は禁止する。ドラム式洗濯機にはチャイルドロックを。

 窓や玄関の施錠は防犯の要だ。できれば二重ロックにし来客には対応しない。困ったらすぐ保護者に連絡できるよう、連絡方法を確認しておく。

関連記事