新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 滋賀県は4月3日、新たに男女6人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち4人は、同県や兵庫県で従業員の感染が分かったニチコンの子会社「ニチコン草津」(滋賀県草津市)で働いていた。県は同社で少なくとも6人の感染を確認したとして、クラスター(感染者集団)が発生したとみている。県内の感染者は14人になった。

 県は厚生労働省クラスター対策班の派遣を要請。三日月大造知事は県の対策会議で「クラスターの封じ込めに全力をあげる」と話した。

 3日に感染が判明した残る2人は、草津市の20代女性と長浜市の20代男性教員。教員は4月から長浜市の小学校で勤務予定だったが、児童とは接触していない。

関連記事