新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 石川県は4月3日、県内に住む20~70代の男女8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は計24人となった。3日の遺伝子検査で陽性と判明した。

 5人は50~60代の男性会社員で、いずれも3月下旬に38度台の熱が出て、医療機関で肺炎と診断された。そのうち2人は同じ会社に勤め、3月下旬にそれぞれ東京都と岐阜県に出張していた。

 東京都に出張した男性と同居する50代女性、既に陽性が判明した飲食店経営の女性と暮らす70代女性の感染もそれぞれ確認された。いずれも症状は出ていないという。

 ほかに20代の男性会社員の感染も判明。3月中旬から大阪府や愛知県などに出張しており、28日に37度台の熱が出た。

 石川県は今月3日に開いた対策本部会議で、県立中学を6日から、高校を8日から再開させることを確認した。

関連記事