人口10万人当たりの新型コロナウイルス感染症の感染者数

 福井県内の新型コロナウイルス感染者数が計30人となり、人口10万人当たりの感染者数が「3・88人」で全国ワースト2位となったことが4月2日分かった。

⇒福井県医師会が緊急会見「近い将来、病床不足」

 総務省の2018年10月時点の人口推計によると福井県の人口は約77万4千人。

 10万人当たりの感染者数の1位は東京で「4・95人」(人口1382万2千人、感染者684人)。3位は北海道の「3・46人」(人口528万6千人、感染者183人)となっている。感染者数は2日午後現在。

 福井県の杉本達治知事は「人口比については宿命的。人口が少ない中で一つのクラスターが大きくなっている」と指摘。その上で「都市部の感染源を追えないところとはちょっと違うと考えている」との見方を示した。

関連記事