自宅でできるストレッチや筋トレの動画集を撮影する銘苅淳さん(右)と大澤弘人院長=3月29日、福井県福井市大宮6丁目のヒロトノワーク

 ハンドボール日本リーグの北陸電力に所属し、今季限りで現役を引退した元日本代表の銘苅淳(めかる・あつし)さん(34)が福井県福井市内の整体院長と組み、自宅でできる運動の動画集を会員制交流サイト(SNS)で配信している。新型コロナウイルスの影響でスポーツの機会が減る中、「健康維持に活用してほしい」(銘苅さん)と、肉体の専門家2人の知識を盛り込んだ。

 感染拡大を受け、銘苅さんは運動経験者向けに筋力トレーニングの動画を配信中。整体院ヒロトノワークの大澤弘人院長(34)も整体やカイロプラクティックの資格を生かしてストレッチの動画を届けている。共通の知人を介して知り合い、女性や高齢者、子どもを対象に、改めて動画をまとめようと協力した。

 数分程度の動画を数十本撮りだめて随時アップする。水を入れたペットボトルやタオルなど自宅にある道具を使い、「腹斜筋(脇腹)をしっかり伸ばそう」と効率的な鍛え方を解説。背中合わせに座って互いの手のひらを重ね、腕を上下させるといったペアの運動もある。大澤院長は「親子や夫婦で取り組んで」とアピールする。

⇒【D刊】福井県内のハンドボールニュース

 ユーチューブ番組「ヒロトノチャンネル」のほか、2人の個人SNSでも配信する。沖縄県出身の銘苅さんは欧州のリーグを渡り歩き、ハンガリー1部リーグでは得点王に輝いた経歴を持つ。「現役20年間で学んだトレーニング知識を凝縮した。福井や全国の皆さんに還元できたら」と話している。

関連記事