福井県庁

 福井県内で4月2日までに、新たに確認された22~30例目の新型コロナウイルス感染者9人は次の通り。県が発表した。

【22】福井市の50代会社員男性
【23】福井市の60代会社役員男性
【24】福井市の60代自営業男性
【25】越前市の50代会社役員男性
【26】福井市の20代飲食店従業員・会社員女性
【27】福井市の50代飲食店従業員女性
【28】福井市の50代会社役員男性
【29】福井市の70代会社役員男性
【30】福井市の70代会社役員男性
※【】内は確認された順番

 いずれも既に確認された感染者が勤務する飲食店を利用したり、感染者と接触があったりしている。【30】は飲食店があるエリアの近くに居住。

 また【28】は発症前2週間に大阪、神戸市、石川県に滞在し、石川、岐阜県からの来客があった。ほかの新たな感染確認者は、発症前2週間に県外への滞在歴はない。

 × × ×

 福井県は4月2日、新型コロナウイルスに感染し、治療を受けていた越前市の50代会社役員男性が死亡したと発表した。県内の感染者が死亡したのは初めて。この男性は3月27日にPCR検査で陽性と判明し、感染症指定医療機関に入院していた。また、新たに20~70代男女9人の感染を確認した。

⇒【D刊まとめ】福井県で初の死者、新たに9人感染

⇒【知事会見動画】福井県民へ「お願い」

⇒【部長会見動画】福井県で死者と感染9人

 ※新型コロナウイルスに感染し死亡した福井県内9例目の感染者について、会社員としていましたが会社役員に変更します。県が4月2日、訂正発表しました。

関連記事