新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 福岡県北九州市は4月1日、新たに21人の新型コロナウイルス感染が確認されたと明らかにした。福岡県内の感染者確認は同日、1日に確認された感染者数としては最多の32人に上り、計78人になった。1日に確認された感染者数の最多を更新した。

 北九州市によると、新たに新型コロナウイルスに感染した21人のうち17人は、同市門司区の病院の医療スタッフだった。院内感染が発生したとみられる。
このほか福岡市で5人、同県久留米市で40代の男性会社員1人の感染が確認された。

 県内での1日の感染者数は3月31日の17人が最も多かった。

関連記事