手作りマスクを手渡す敦賀高校野球部マネジャー=3月31日、福井県敦賀市社協

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に役立ててもらおうと、福井県立敦賀高校野球部のマネジャー4人(いずれも17歳)がマスクを手作りし、3月31日に同県敦賀市社協へ寄贈した。試行錯誤の末に完成した100枚を手渡し「少しでも役に立てたらうれしい」と話していた。

 県外の中学生がマスクを手作りしたニュースを見たのがきっかけ。部活動が休止中だった3月19日から、4人がそれぞれの家で、ミシン縫いやアイロン掛け、ゴムひも付け、包装やメッセージ書きなどの担当に分かれて作り上げた。

 材料が集まらないなどの苦労もあったが、不織布の上下にワイヤを入れて顔にフィットするようにしたり、ゴムの長さを調整できるようにしたりと工夫。グレーとピンクのリバーシブルで洗って再利用できる。

 「野球部には『敦笑』という言葉があり、私たちが作ったマスクで敦賀の人が笑顔になれば」とマネジャーの一人。吉長珠輝監督も「人のために頑張るという貴重な経験をさせていただいた。良い勉強になった」と、4人の健闘をたたえていた。

 4人は吉長監督と市社協を訪れ、大野冨夫会長に手渡した。大野会長は「心のこもった手作りのマスクを大切に使わせていただく」と謝辞を述べた。社協の活動などで使用するという。

関連記事