東京オリンピックとパラリンピックの2021年の新たな大会日程

 新型コロナウイルスの感染拡大で史上初の延期に追い込まれた東京五輪について、2021年7月23日に開幕する新たな大会日程が3月30日、決まった。8月8日に閉幕する。大会組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)、東京都、政府の4者が30日に合意し、同日のIOC臨時理事会で承認された。従来の計画では今年7月24日に開幕する予定だった。

 ほぼ同時期の開催とすることで、既に積み上げてきた開催計画を踏襲する方針。感染終息までの期間をできるだけ長く確保し、リスクを軽減する狙いもある。パラリンピックも従来の計画と同時期の8月24日から9月5日の開催が決まった。

 近年の五輪は開会式を含めて17日間で行われ、金曜日に開幕し、大会中3度目の日曜日に閉幕するのが通例。来年の大会日程もこれに従う。今後、組織委を中心に準備作業のやり直しを急ぐ。新たな日程でも施設を使えるかどうかの調整や、関係者向けホテルの確保などが課題となる。延期による追加経費の分担は難航が予想される。

 組織委の武藤敏郎事務総長は、既に全ての施設側に協力を要請し、一定の理解は得ているとの認識を示した。スポンサー企業には契約延長を打診するとした。

 IOCのバッハ会長は「全ての利害関係者と協力することで、前例なき難題を乗り越えられると確信している」との談話を発表した。

 日程については、暑さを避けるため、来年春の開催も検討されたが、感染の状況次第では予選の実施時期を十分に確保できない懸念があり、ボランティアの確保や集客面を考えても夏休みの時期が望ましいと判断された。水泳、陸上の世界選手権の日程変更が必要となるものの、海外のスポーツ日程との兼ね合いも考慮し、7月の開幕で落ち着いた。

関連記事