新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 宮城県仙台市は3月31日、新たに市内に住む40代の男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。症状が出た3月22日から25日まで札幌市に滞在、往復で航空機や列車を利用した。市は詳しい行動歴や濃厚接触者の把握を急ぐ。宮城県内の感染確認は7人目。

 市によると、男性は22日に37度の発熱と全身の倦怠(けんたい)感、関節痛が出た。26日から会社を休み、市販薬を服用して過ごしたが、30日に医療機関を受診。31日に陽性が判明した。入院中だが、状態は落ち着いている。

 利用した航空便や列車の路線は不明。発症前の19~20日には、仕事で東京にも行っていたといい、仙台市は男性から聞き取りを進める。客から複数の感染者が確認された同市青葉区の英国風パブには来店していない。

関連記事