新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 損保ジャパン日本興亜は3月31日、福井支社(福井県福井市)に勤務する20代男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性が勤務していた支社は一時的に閉鎖し、別の拠点で業務を継続する。顧客など濃厚接触者については調査を進める。

 男性は営業担当者で、28日に発熱して検査したところ30日に感染が確認された。損保ジャパンは支社内の濃厚接触者について14日間の在宅勤務を指示した。その他の従業員も在宅勤務にした。

 ⇒福井で新たに5人感染(3月31日午前)

関連記事