新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 石川県は3月30日、いずれも金沢市内に住む飲食店従業員の30代男性と、飲食店経営の40代男性の新型コロナウイルス感染が新たに確認されたと発表した。2人は別の飲食店に勤務している。県内の感染確認は計11人となった。

 県によると、30代男性は24~26日に東京へ出張し、その間に仕事の関係者と食事をした。27日は出勤し、28日に37度台の発熱があった。40代男性は、24日に38度台の発熱があり、複数の医療機関を受診後、肺炎と診断された。2人は30日に、県保健環境センターの遺伝子検査で陽性と判明した。

関連記事