三越伊勢丹ホールディングス(HD)は30日、三越恵比寿店(東京)を2021年2月28日に閉店すると発表した。インターネット通販の台頭や近隣店との競合で業績が低迷していた。従業員は他店舗に異動するなどして、雇用は維持する。

 三越恵比寿店は1994年に大型施設「恵比寿ガーデンプレイス」内に開業した。売り場面積は約1万8千平方メートルと小規模の都市型店舗で、近隣の家族客向けに営業してきた。17〜19年に改装したが「抜本的な収益改善はできなかった」(広報担当者)としている。

 三越伊勢丹HDは19年に伊勢丹府中店や伊勢丹相模原店、今月22日には新潟三越を閉店した。

関連記事