会見で新型コロナウイルス感染者について説明する福井県の杉本達治知事=3月28日午後8時半ごろ、県庁

 福井県は3月28日夜、ともに福井市の50代会社役員男性と60代会社役員男性、越前市の50代会社役員男性の3人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。県内の感染確認は4日連続で計12人となった。また27日に感染が確認された越前市の50代会社員男性は重症という。

⇒福井県内の相談窓口

⇒新型コロナウイルスQ&A

 28日のPCR検査で陽性と判明した3人はその後、県内の感染症指定医療機関に入院した。いずれも基礎疾患がある。発症前2週間に県外滞在歴はなかった。

 福井市の50代会社役員男性は、27日に感染が確認された同市の50代会社員男性と17日に県内の飲食店で会食していた。21日にせきとのどの痛み、23日に37度台の発熱、28日に全身の倦怠感があった。症状は軽いという。濃厚接触者は調査中。

⇒【D刊】福井県内の感染どこまで

 福井市の60代会社役員男性は、27日に感染が確認された、いずれも越前市の50代自営業男性と50代会社員男性と19日に県内の飲食店で会食。22日に37・8度の発熱があった。症状は軽い。濃厚接触者は同居する家族2人。

 越前市の50代会社役員男性は22日に38・8度の熱が出た。症状は少し重いという。濃厚接触者は家族2人。27日に確認された同市の男性2人は知人という。

⇒越前市が新型コロナで17施設休館

⇒福井県立図書館、美術館も土日休館に

 この3人以外の9人も全員入院している。27日に確認された越前市の50代会社員男性は集中治療室で治療を受けているが、症状が悪化し現在重症という。症状が回復した感染者もいる。県と福井市は、情報を共有し、迅速で的確な対応をするため合同チームを設置した。

関連記事