必勝を祈願し、JFL昇格へ決意を新たにする福井ユナイテッドFCの選手ら=3月28日、福井県福井市の県護国神社

 サッカー北信越1部リーグの福井ユナイテッドFCは3月28日、福井県福井市の県護国神社で今季の必勝を祈願した。新しく指揮を執る寺峰輝(あきら)監督や新加入した元日本代表の我那覇和樹選手ら約40人が、悲願のJFL昇格に向け決意を新たにした。

 福井ユナイテッドFCは今季、新加入9人を含む計23選手で戦う。

⇒福井ユナイテッド特集

 必勝祈願では、おはらいを受けた後、寺峰監督らが玉串をささげた。神事後は本殿前で縦90センチ、横180センチの必勝旗に1人ずつサインした。寺峰監督は「リーグ優勝、JFL昇格を最優先に戦っていく」、新主将の山田雄太選手は「プレーでみんなを引っ張っていきたい」と力を込めた。我那覇選手は「高いパフォーマンスで得点を取ってチームに貢献したい」と闘志を燃やした。

 北信越リーグは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月12、26日に予定していた第1、2節を延期。5月17日の第3節からの開幕に向け準備を進めている。

関連記事