においを感じる場所のイメージ

 新型コロナウイルスの感染を公表した阪神タイガースの藤浪晋太郎投手をはじめ、「味やにおいを感じなくなった」と訴える感染者が国内外で相次いでいる。仕組みは不明だが、専門家は「感染を疑うきっかけになるかもしれない」と注目している。

 においは鼻の奥の空洞である鼻腔(びくう)の上部にある嗅細胞と呼ばれるセンサーが感知、神経を通じて脳に情報が伝わる。口に入った食べ物のにおいも喉を通して感知しており、味覚にも関わっている。

 感染症に詳しいけいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師は「風邪を起こす別のコロナウイルスやライノウイルスに感染すると、においを感じにくくなることがある。今回もウイルスが鼻の粘膜にくっつき、においを感じる神経が働かなくなっているのかもしれない。鼻がつまっているだけの可能性もあるが、症例を集めて分析すべきだ」と指摘する。

 新型コロナウイルス感染症で特徴的な症状は長く続く発熱や倦怠(けんたい)感で、鼻水や鼻づまりなどの鼻症状はあまり報告されていない。とおやま耳鼻咽喉科(大阪市)の遠山祐司院長は「嗅覚がおかしくなれば味覚にも影響する。鼻症状もないのに、においや味がしなかったら注意した方がいいかもしれない」と話した。

 厚生労働省感染症情報管理室の梅田浩史室長は「このウイルスの特徴的な症状と確認されれば一般に分かりやすい一つの目安になる。今後検証したい」としている。

 多くの感染者が出た韓国・大邱市の医師会は感染者約3200人への電話調査で、15%に当たる約490人に嗅覚か味覚に問題があったと報告している。

関連記事