新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 大阪府大阪市中央区にある髙島屋大阪店(以下、高島屋大阪店)は3月27日、食料品従事者1人が新型コロナウイルスに感染していたことを発表した。同店は全館を消毒するとしている。

 大阪店は同日、閉店時間を繰り上げ、全館午後6時に閉店した。また28日は臨時休業するという。営業再開については大阪店のホームページで知らせる。

 同社ホームページによると、感染が確認された従業員は大阪店地階食料品フロアで販売・製造を担当。23日以降は勤務していない。24日に発熱し、27日に陽性が確認された。それ以前の勤務中は、マスク着用、アルコール消毒等の感染拡大予防策を施していたという。また直近の海外への渡航歴はない。

 同店は「店内の清掃・消毒、従業員に対しては、アルコール消毒液での手指消毒等の予防策の徹底を図ってまいります。このたびは、お客様に多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしましておりますこと深くお詫び申しあげます。何卒ご理解賜りますようお願い申しあげます」としている。

関連記事