東京五輪・パラリンピックの2020年開催に関する記述がある、小学校1年生の道徳教科書

 東京五輪・パラリンピックの延期決定は、2020年の開催を前提とした記述で検定に合格していた学校の教科書にも大きな影響を与えそうだ。内容の大幅な修正を迫られるほか、今春から使用する教科書については作業が事実上不可能。教科書会社の編集者は「この時期の大きな変更で、反映は難しい」と対応に苦慮している。

 中学校は、来春から使われる教科書の検定が24日に終わったばかり。各教科で自国開催の大会を意識した内容が盛り込まれていた。公民では見開きで「東京2020オリンピック・パラリンピック大会」というページを設けた教科書もあった。

関連記事