空から降り注いできたかのように咲き誇るしだれ桜=3月24日夜、福井県小浜市中井の妙祐寺

 福井県小浜市中井の妙祐寺で、市天然記念物のしだれ桜が見頃を迎えている。こんもりと咲き誇り、見上げれば、空が淡いピンク色で染められたよう。夜にはライトアップされ、闇に浮かび上がる姿もひときわ美しい。

⇒しだれ桜の写真をもっと

 同寺のしだれ桜は高さ約17メートル、幹回り約2・5メートル。枝は東西16メートルに広がる。140年ほど前に檀家の一人が身延山久遠寺(山梨県)から苗木を譲り受け、植樹したと伝わる。長年ひっそりと咲いていたが、20年ほど前に林を切り開いたところ、偶然見つかったという。

 男性住職(37)によると、例年より10日ほど早く満開になった。母親、姉、弟と訪れた小浜市内の男子児童は「学校の桜の倍ぐらい大きい。少し寒いけど、本当にきれい」と見とれていた。

 見頃は今月いっぱいとみられる。ライトアップは午後6時半~同9時半。

関連記事