新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 アマゾンジャパンの物流拠点「小田原フルフィルメントセンター」(神奈川県小田原市)で配送事業に従事していた男性が新型コロナウイルス感染症にかかり、拠点の機能を一時停止していたことが3月25日、分かった。

 関係者によると、24日午前に男性の親族から「病院でコロナウイルスの治療を受けており、出勤できない」とアマゾン側に連絡が入った。アマゾンは全従業員を帰宅させた上で、24日午後から25日早朝まで物流機能を止めて施設内の消毒作業などを実施。25日午前に業務を再開した。

 小田原フルフィルメントセンターは主に関東南部や東海地方の配送拠点となっている。従業員数は非公開。

 アマゾンによると、新型コロナ感染拡大を受け、全世界で社員にリモートワーク(遠隔勤務)を推奨。ただ人手が必要な物流拠点では難しく、作業する従業員同士が最低2メートルの距離を取るように指導しているという。

関連記事