福井県内の電話相談窓口

 福井県は3月19日、感染症に関する相談体制を強化した。福井市保健所と県健康福祉センターに設けている県内7カ所の電話相談窓口について、固定電話での対応を午前8時半~午後9時に延長。5カ所で電話番号も増やした。夜間は引き続き携帯電話で対応する。

 19日は福井市保健所に午後3時までに97件の相談があった。感染者が確認されるまでは窓口7カ所の合計が1日平均56件だった。

 また県は同日、各市町に対し電話相談窓口を設置するよう要請。既に設置していた福井、勝山、あわら3市を除く14市町が順次窓口を設置する。

 坂井、あわら、大野、鯖江、越前の5市は、土日祝日も相談に応じる。池田町は24時間対応とした。

 県内では3月18日に新型コロナウイルス感染者が初めて確認された。

関連記事