新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 福井県内で初めて新型コロナウイルスへの感染が確認された福井市の50代会社役員男性との濃厚接触者が3人増えて8人になった。福井市が3月19日発表した。いずれも発熱やせきなどの症状はなく、自宅待機を要請した。日華化学(本社福井市)は同日、男性は自社役員と発表した。

⇒新型コロナウイルス、濃厚接触者の例

 市保健所によると、濃厚接触者は▽妻▽17日夜に県内の飲食店で会食した会社関係者6人▽接客した飲食店従業員1人-の計8人。感染を確認した18日より会食の人数が2人増え、従業員1人も加わった。

 市保健所によると、個室を利用していたことから、この飲食店内では他に濃厚接触者がいる可能性は低いという。発熱後の立ち寄り先は調査中とした。濃厚接触者の感染の有無を調べる遺伝子検査は、国立感染症研究所の指針に従い、発熱やせきなどの症状が出ない限り行わない。

⇒新型コロナウイルス、福井の相談窓口

関連記事