日華化学のホームページ

 3月18日に福井県内初の新型コロナウイルス感染者が確認されたことについて、日華化学(本社福井県福井市)は3月19日、自社のホームページで、福井本社に勤務する男性役員が感染したと公表した。

 18日夜の福井県の発表によると、福井市の50代会社役員男性が新型コロナウイルスに感染したことが同日確認された。県内の感染者確認は初めて。県内の感染症指定医療機関に入院したが軽症という。男性は6~8日に東京に滞在していた。濃厚接触者は現時点で少なくとも5人。県は詳しい行動歴や感染経路、ほかに濃厚接触者がいないか調べている。

 日華化学の発表によると、感染者が勤務する福井本社の社員全員に19日から4月1日まで最長14日間の在宅勤務を指示したという。

 福井本社では研究開発、営業、生産、事務などの業務を行い、約470人が就業。そのうち研究開発、営業、事務などの一部約250人を自宅待機とする。

 福井本社は速やかに消毒するという。また同社は「当社の商品を介し、感染することはございません」としている。

 今後の業績への影響などについては、詳細が判明次第公表するとしている。ホームページによると同社は3月26日に定時株主総会を予定している。

⇒福井県が3月18日に発表した感染男性の行動履歴

関連記事