福井県内初の新型コロナウイルス感染者確認を受け、会見する杉本達治知事=3月18日午後11時10分ごろ、福井県庁

 福井県は3月18日深夜、福井市の50代会社役員男性が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。県内の感染者確認は初めて。県内の感染症指定医療機関に入院したが軽症という。男性は6~8日に東京に滞在していた。濃厚接触者は現時点で少なくとも5人。県は詳しい行動歴や感染経路、ほかに濃厚接触者がいないか調べている。

⇒新型コロナウイルス、濃厚接触者の例

⇒【速報】新型コロナ、日華化学役員と公表

 18日午後11時から杉本達治知事が緊急の記者会見を開き、発表した。県民に対し「これまで通り手洗いの励行やせきエチケット、症状のある人は外出を自粛するなど、冷静に対応してほしい」と呼び掛けた。

⇒新型コロナに関する相談窓口の連絡先はこちら

 男性は12日に37度台の熱が出始め、14日に県内の医療機関を受診。発熱が続き倦怠感があったため18日に別の県内医療機関を受診したところ、肺炎像が見られた。その後、紹介されて受診した3カ所目の県内医療機関が福井市保健所へ連絡。さらに専門外来が設置されている県内医療機関で検体を採取し県衛生環境研究センター(福井市原目町)で遺伝子検査を実施、午後9時ごろに陽性と判明した。

 濃厚接触者は同居する妻と、一緒に食事をした社員4人。いずれも現時点で症状はないが、2週間の健康観察と外出自粛を要請した。

 男性は発症2週間前に海外への渡航歴はなかった。東京への往復は航空機を利用し車で帰宅した。発熱後、12、13、16、17日は出社していた。

⇒【まとめ】感染予防対策Q&A

 感染確認を受け、県は19日から検体採取が可能な専門外来を新たに嶺北、嶺南に1カ所ずつ設置する。県健康福祉センターなどに設けている電話相談窓口で職員が対応する時間を午前8時半~午後9時に延長する。

関連記事